キャッシングと消費者金融の借入の違いとは

キャッシングを枠ありのクレジットカードと、消費者金融のカードは似ていますが違いがあります。
クレジットカードと消費者金融のカードは違います。

クレジットカードのメインは、あくまでお買い物です。
ショッピング枠を使って、現金なしでカードだけでお買い物を楽しむ事が正しい使い方です。
キャッシング枠はあくまで予備、サブの機能でありメインではありません。

消費者金融のカードは、クレジットカードと違い、現金を引き出すためのカードです。
キャッシングで現金を取得して、現金で何らかの商品、サービスを受けるといった使われ方がメインです。

一見、同じように感じられるカードですが、微妙に使われ方が異なっています。

ですから、クレジットカードをキャッシングのように使いたいと思ってショッピング枠を現金化すると、違法となってしまうのです。

クレジットカードのショッピング枠をこのように悪用すると、利用停止に追い込まれます。
これはカードの機能・使い方が同じではない証拠です。

カードの使い方が異なるため、同じように使ってしまうと弊害が生まれるのです。

要点だけは押さえておきましょう。

キャッシングのカードもクレジットカードも意味合いは同じと捉えても構いません。
どちらのカードもお金を使う事と似ており、厳密に違いを問われるような使い方をしない限り問題はないからです。

キャッシングのカードは現金、クレジットカードはお買い物と覚えておきましょう。
その他、融資までの期間や支払い方法も多少異なる事もありますが、大きな違いはありません。

金融関連の豆知識として覚えておきましょう。